テレクラというお店について

テレクラはある時を境に急速にその営業拠点を失います

テレクラはある時を境に急速にその営業拠点を失います男性と女性が会話を自由に楽しむアプリ群にとってかわられた何故アプリ群は普及し固定回線オンリーであるテレフォンクラブが衰退したか

電話を介して、女性の方とお話をする事業を提供しているお店全般をテレクラと呼びます。
正確にはテレフォンクラブと言う名称で1985年代に登場した性風俗の一つで、当時は電話越しに女性の方と疑似恋愛を楽しむことを目的に産業化されていたコンテンツの一つがテレクラになります。
1985年当時は風俗営業法が改正され様々なお店に子供が立ち入ることが出来ず、法律により改正を受けた産業に性産業がありました。
しかも、性産業の改正については営業時間を深夜ゼロ時までにするなどの法改正が行われたのです。
また、届け出を必要としたのも性産業の事業で事業によっては自由に営業をすることが出来ないという明確なルールが作られたのです。
しかし、そのルールから外れる形で登場したのがテレクラと言うお店で、こちらは一応分類的には性産業になるのですが、実際に男性と女性が肌を触れ合うことなく電話越しに会話などを楽しむという手法上ルールから外れ規制の対象外となっていたため自由に営業が出来ました。
しかしながら、テレクラはある時を境に急速にその営業拠点を失います。
それは携帯電話の登場及び普及によりテレフォンクラブは産業自体が不必要な産業であると言われるようになります。
それは何故かというと、男性と女性の出会いの場を提供する物が電話からインターネットに変化したため、ニーズに合わなくなっていったのです。
また、テレフォンクラブ自体のイメージの悪化もあり、産業は廃れていったのです。

【3月23日(火)】
今日をまとめると、大体こんな感じ👇🏻

・テレクラなのか?
・売れっ子すぎる人
・アイドル佐藤さん

気になった方は
是非、radikoで聞いてくださいね😇

明日は、亀石倫子さんと
カベポスター・浜田順平さんが登場です👏
水曜日もお楽しみに💎#ABCラジオ #ウラウラ

— ウラのウラまで浦川です (@uraurakin) March 23, 2021